プロショップ並のDIYーー超絶カッコイイフェアレディZ Z33 / NISSAN FAIRLADY Z Z33

2019年10月7日

 最初に日本のカスタム文化に触れたときに、とても印象に残った車種はZ33でした。何故か、はっきりと言えないですが、ただただ惹かれています。

この記事はCrPAユーザーのあきさんと彼の愛車フェアレディZ Z33を紹介していきたいと思います。


Z33はあきさんの3台目の愛車です。初代はムーブ、2台目はスイフト・スポーツです。恐らくスイスポは車好きの中でよく知られており、「OPTION」にも紹介されています。この記事はZ33を紹介いたしますので、スイスポに関することは、CrPAでチェックしてね!(笑)

あきさんのカスタマ魂が芽生えたのはムーブに乗った時でした。試しに軽自動車の雑誌を買ってみて、こんな事が出来るだと思い、最初はマフラーを交換しました。その後、どんどんカスタムにハマっていき、ネットや本で調べて、自力でカスタムしてきました。

「DIYで自由に世の中に一台しかない車を作る」ことが、あきさんのカスタムコンセプトです。

車体の色は艶なしブラックです。

「十数年前、お兄さんとスーパーGTを見に行った時、テストカーはマッドブラックのZでした。その姿がとても格好良いと思い、zを乗るなら、絶対に艶消し色にしたいと考えていたからです。」

 

リヤバンパーはアブフラッグ製で、エグゾースト系の発熱に弱いZ33に対して充分な放熱効果を発揮できます。

 

リヤウィングはファブレス製です。前後のエンブレムとも「URAS」のエンブレムです。

 

Z33のこの角度は、個人的に一番好きです(笑)。同じように思っている方はいるかなぁ~

 

フロンドフェンダーはN-ONE Racing製”SUNDOME”フェンダーで、まだ、装着数はほとんどいないフェンダーです。また、ホイールの塗装はあきさん自身がされました。マッドブラック・マッドホワイトです。モノトーンはどの時代でも淘汰されない色ですね。

 

フォグランプは、RX-7フロントコンビランプを移植しました。ソケット部分は、従来、T10なのですが、T20ソケットが取り付けできるようにソケットを変更しました。内側はアイスブルーのデイライトで、外側はポジションライトとウィンカーです。

 

リヤルーバーは昔流行っていましたね。やはり付けると、車の雰囲気が一気にシャープになり、カッコイイです!

 

ルームミラー・メーターホルダーは缶スプレーの蓋と家具の取っ手を使用したオリジナル品です。(作り方はあきさんに問い合わせしてくださいね~)

 

インテリアはブルーで統一されており、車内は非常にシックな雰囲気です。ステアリングリモコンはドラコンⅢ RE-MZ50で、純正ステアリングのリモコン部分を加工し、埋め込まれていました。

 

シートベルトガイドは、カーボン柄生地を使用してDIY作成されていました。内装に合わせて、青ステッチで統一されています。

あきさんのシートベルトガイドの投稿はこちら

https://pro.crpa.jp/api/public/view/video?videoId=c43rqpb

 

カスタムと言えば、一般的なイメージとして非常にお金がかかる印象だと思いますが、

あきさんの話を聞き、ちょっとイメージが変わりました。

「結構まわりの人からもすごくお金かけてるんじゃないかと言われますが、実際は工賃がかからないこと、また、パーツはほぼアップガレージで購入しますので、安くなります。バンパーも割れたものだと3000円くらい買えます。新品だと4,5万円するけど。」

実際にアップガレージで購入し、作り直したバンパーはこちらです。

フロントバンパー自体もRX-7(FD3S)のオリジン製バンパーとフェアレディZの純正バンパーを組み合わせて作成した二コイチ仕様

https://pro.crpa.jp/api/public/view/video?videoId=05kn9gl

もっとDIY動画をみるなら、CrPA#DIYを検索!

 

DIYでカスタムする際、何か困ることがあるか聞いてみると、

「基本的には車検を通るように仕上げていますが、自分で作ると規格に適合するか曖昧のところもあり、そこはなかなか難しいです。」とあきさんがおっしゃいました。

きっと、同じようにDIYしている方々も共感しますね。

こちらはあきさんの車検対応の動画投稿です。

https://pro.crpa.jp/api/public/view/video?videoId=1i9bfid

もっと車検対応の投稿を見るなら、CrPAで#車検対応で検索!

 

あきさんのZ33のカスタムは、まだまだこれからも続くと思います。これからの変化を非常に楽しみにしております。是非、CrPAあきさんをフォローして仲良くしましょう!


 

【取材メモ】

あきさんの愛車についてのエピソードをお聞きしとても楽しくて、あっという間に2時間の取材が終わりました。やはり車好きの方の熱量は高く、日本のカスタム文化の凄さも改めて感じました。その凄さを世の中に発信して、言葉が通じなくても、車・バイクで世界中の車好きをつなげるのが私達CrPAというサービスを立ち上げた原点です。そしてこのカスタム文化をサブカルチャーからメジャーにしていくのも私たちのミッションであることを再認識しました。

 

【ユーザーのインタビューの募集】
愛車のことを皆さんとシェアしたい方はぜひCrPA運営事務局にご連絡!

連絡方法
ステップ①  CrPAを登録
アプリダウンロードはこちら:https://www.crpa.jp/download/
※ もし、すでに登録済みの方であれば、ステップ②だけで応募できます~
ステップ② CrPA(クルパ)運営事務局に「愛車紹介をしてほしい」というダイレクメッセージを送信