ひととかぶるのはNGーー痛車トヨタオーリス

2019年11月7日

取材の前日横浜は大雨で、翌日の取材はちょっと心配しましたが、当日は天気が非常によかったです。(ラッキー)

 今回取材させていただいたのは痛車を乗っているオーリストたくちゃんさんです。痛車のイメージと言ったら、外国人の私から見ると日本の最強の二つ文化「アニメとカスタム車」の結合です。(笑)

 オーリストたくちゃんさんは車好きになったきっかけはもともと父親が車好きで、車いじりなどをしていたので気がついたら自分も好きになっていました。

 カスタムのきっかけはスタッドレスからタイヤを変更するときに、ホイールを変えたのがきっかけです。車体のオレンジ色に合わせて、ホイールもワークのオーダーでオレンジを注文しました。また、バンパーも自分で缶スプレーでオレンジに塗装しました。

 今の痛車仕様は8月にしたばかりです。痛車のイベントに参加してみて、挑戦して見たくなったのはそのきっかけです。

痛車のステッカーは「マクロスΔ」のカナメというキャラクターです。

 

 また、もう一つ大事な理由は自分の個性を一番出したいからです。ひととかぶらないということは愛車の選択にも表しています。マニュアル 4ドア  ハッチバックで、周りの人ともかぶらなそうだったので決めました。また、色もRSのみカラーのオレンジです。オフ会以外では同じ車種・色ほとんど見たことがないです。

 

 オーリストたくちゃんさんの趣味の一つはドライブです。走行距離は3年で8万キロです。(すごいです!)週末になると目的もなく車を動かしています。最長で福井⇒茨城までドライブしました。お話によりますと、家にいるよりも車の中にいる時間のほうが多く、落ち着来ます。

 

 また、オフ会でであった人に誘われて、最近ジムカーナもやり始めました。(翔worksさんと友達になれそう~)タイムやルールを厳しく計測することなく遊びで楽しみながらやっています。頭を使って、どうやって入って、どうやってぬいて、段取りを考えないといけないというのは醍醐味です。

オーリスクラブのオフ会ステッカーを貼っています。車を買って1年位してから参加しました。

福井県のご当地ナンバーもこだわりのひとつです。恐竜の化石が発掘されることが多いので、ナンバープレートには恐竜の絵が入っています。

 

 取材はここまでですが、オーリストたくちゃんさんの自分の個性を見せるカスタムはまだまだたくさんだと思うので、今後のカスタムやジムカーナの投稿も楽しみにしております。

 

【取材メモ】

 もともと本社でやる予定だったですが、取材当日大型トラックが止まるので、写真はきれい取れないため、前日の夕方オーリストたくちゃんさんに連絡して、アップガレージ南町田総本店の立体駐車場に変更しました。

 また、オーリストたくちゃんさんが取材を受けるため、夜中から出発して、わざわざ福井からいらっしゃいまして、めちゃくちゃ感動しました!

 CrPAのユーザーの皆様、本当に優しすぎます。これからも、温かい目で見守っていただければ幸いと思います。

 


 

【ユーザーのインタビューの募集】
愛車のことを皆さんとシェアしたい方はぜひCrPA運営事務局にご連絡!

連絡方法
ステップ①  CrPAを登録
アプリダウンロードはこちら:https://www.crpa.jp/download/
※ もし、すでに登録済みの方であれば、ステップ②だけで応募できます~
ステップ② CrPA(クルパ)運営事務局に「愛車紹介をしてほしい」というダイレクメッセージを送信